小児歯科治療

1.jpg子供たちの虫歯を治すことだけが小児歯科ではありません。
子供たちの心や身体は、休むことなく成長しています。そこで、虫歯や悪い噛み合わせ、歯の交換の異常など正しい成長を妨げる色々な原因を早くみつけ、とりのぞいて、正しい成長へ導いてあげることが必要です。
その第1歩として、私たちとお子様がよりよい関係を作れるように、保護者様のご協力をお願いいたします。

1.  歯科治療に対してお子様の周囲の方が正しい理解と好意をお持ちください。 
2.  歯の治療をすることは、怖いことではなく健康になることだということを、話してあげてください。
3.  お子様のいらっしゃるところで、歯科治療に関する不快な体験を話したりしないようにしてください。
4.  必要なときには局所麻酔をして、痛みを取り除いてから治療を行います。お子様には注射という言葉は使わず「麻酔」といっています。ご協力ください。
5.  治療が終わったら「よくがんばったね。えらかったね」と、言葉のごほうびと励ましをたくさんあげてください。

 

子供の虫歯予防は誰がするの

2.jpg・子供が自分で行うの?
・家族が予防するの?
・歯医者さんが予防するの?

上の項目は、どれも単独では正解ではありません。子供の虫歯予防は家庭と小児歯科専門医が協力してはじめて成し遂げられるのです。また、それぞれの信頼関係がなければ効果をあげることはできません。  

 

 

虫歯を予防する3つの基本

1. 食生活のリズムが大切です

3度の食事を中心に、おやつの回数は1日1回を目標にしましょう。甘い物に限らずどのような食べ物や飲み物でも、回数が多くなったりダラダラといつまでも飲食したりしないように注意しましょう。また、1回に与える量を少なくすると、満足感が少なくかえって飲食回数も増え、虫歯が増える原因となるので、注意が必要です。
 

2. 歯を強くする

普段の食生活でバランスのよい栄養食を規則的にとり、歯質のよい強い歯をつくりましょう。また、年齢に応じたフッ化物の応用でむし歯になりにくい歯にします。 
 

3. 虫歯菌を減らす(ブラッシングとフロッシング)

普段の食生活でバランスのよい栄養食を規則的にとり、歯質のよい強い歯をつくりましょう。また、年齢に応じたフッ化物の応用でむし歯になりにくい歯にします。 

 

フッ素塗布すれば、虫歯になりにくくなるの?

フッ素には、歯を丈夫にして、むし歯になりにくくする作用があります。
フッ素を歯に塗る方法は歯科医院で行ってもらいます。フッ素入りの歯磨き剤の使用やフッ素の入った液によるブクブクうがいは、うがいができるようになったら始められます。

 

楽しく歯磨きさせるには? 

歯磨きを習慣付けることは大切ですが、そのためには歯磨きを嫌いにしないための工夫が必要です。大人が仕上げ磨きをするときは、短時間で終わらせましょう。まず、口の中をよく見てみがいてください。また、眠い時間を避けるなど、生活のリズムの中に上手に取り入れて、歌に合わせるなど楽しい雰囲気の中で行います。全部磨けなければ、そのときは前歯だけにするなど、きげんをみながらに磨いてあげましょう。終わったあとに、しっかり抱きしめて褒めてあげるなどのフォローも大切です。大人が歯を磨く習慣をきちんともっていて、お手本となることも大切です。

 

日常の生活習慣で気をつけるポイント

日々の生活習慣で健康な身体と丈夫な歯をつくりましょう!
 

早寝・早起き

生活のリズムで最も大切なことは早く寝て早く起きること。夜更かしせずに、十分な睡眠時間をとり、規則正しい生活習慣をしっかり身につけましょう。
 

朝食はしっかりとりましょう

朝ご飯は1日の元気の元です。しっかりと栄養のあるものを食べましょう。
 

栄養バランスのとれた食事を

強い歯と身体をつくるために欠かせない、カルシウムやリンなどのミネラル成分を豊富に含んだ食べ物(小魚類、レバー、海草類、牛乳、卵、大豆、野菜など)をバランスよく摂取しましょう。
 

よく噛んで食べる習慣を身につけましょう

よく噛み砕いて食べる事により、噛む回数が増え、唾液の分泌もよくなるので消化吸収を促進します。あまり噛まずに、お茶や牛乳で流し込むようなことはさせないようにしましょう。
 

食べたら歯を磨きましょう

歯が生えたら、出来るだけ早く歯ブラシに慣れるようにしましょう。「食べたら磨く」は、むし歯予防だけではなく、エチケットとして習慣づけてください。自分で歯を磨くようになっても、その後は保護者の仕上げ磨きも忘れないようにしましょう。
 

おやつは1回の量よりも回数を減らすことが重要です

おやつの回数が増えると、その分むし歯になる可能性も高まります。おやつもお菓子や市販の飲料だけでなく、果物など自然の恵みから選ぶ工夫も必要でしょう。また、週に何回か休甘日を設けるなどして、お菓子の間食回数を減らすことも効果的です。
 

スポーツ・イオン飲料は虫歯になりやすい?

スポーツ・イオン飲料には想像する以上の砂糖が含まれています。少しづつダラダラと飲んでいると虫歯になる危険度が増し、肥満の原因にもなります。水分補給は水かお茶でとるようにし、大量に汗をかくようなら少量の塩分を摂取するようにしましょう。

 

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
0737-63-6222